【伊藤園はホワイト企業?】残業時間や離職率・平均年収を調査!

求職者のみなさん、こんにちは!

累計2000万PVを突破した日本最大規模の就活ブログ「就活攻略論」を運営している就活マンです。

(これまで7年間、ほぼ毎日スタバにこもって1500以上の記事を書いてきました。就活や転職についての知識は誰にも負けない自信があります!)

… その代わりに友達が少なく、週1のサウナを楽しみに寂しく生きています。笑

執筆者の紹介

今回は、伊藤園がホワイト企業かどうか調査しました。

僕は新卒で食品メーカーに勤めており、飲料を中心に扱っていたのですが、その時に「伊藤園は原価率の低いお茶をあれだけブランディングしてすごいな」と感じていました。

また野菜飲料の商品力も高く、幅広い商品を展開している点でリスペクトしてましたね。

そんな商品力の高い伊藤園ですが、労働環境はどうなのか?

今回は残業時間や離職率など、ホワイト企業かどうか判断するのに役立つ数字を調査していくので、伊藤園が気になる方はぜひ参考にしてくださいね!

お茶の中で、おーいお茶が一番美味しいと思っています!

同感!伊藤園は本当に幅広く商品を展開している、商品力が高い企業だよね!詳しく見ていこう!

伊藤園はホワイト企業か調査した結果

伊藤園がホワイト企業かどうか調査する上で、まず大前提として、「ホワイト企業」には実は明確な定義は存在しません。

そこでこの記事を掲載しているホワイト企業ナビでは、下記の3条件をすべて満たすことをホワイト企業の条件として定義しています。

(すべて満たすという点がポイントで、1つだけ満たすのではホワイト企業とは言えません。)

【ホワイト企業の独自定義】

  • 残業時間が月に25時間未満
  • 年間休日数が120日以上
  • 3年後離職率が3割未満

よってこの3条件を元にして、任天堂がこの基準をすべて満たすかどうか確認していきましょう。

①伊藤園の残業時間

伊藤園の残業時間について、伊藤園が公式で発表していました。

伊藤園の残業時間は、25.4時間(2023年4月期)*¹です。

また2021年は22.5時間、2022年は24.9時間と25時間付近で推移していますね。

対象年度 残業時間/月
2021年4月期 22.5時間
2022年4月期 24.9時間
2023年4月期 25.4時間

伊藤園の残業時間は、ホワイト企業ナビが定義する月の平均残業時間25時間未満を満たしています。

②伊藤園の年間休日

次に伊藤園の年間休日を調査しました。

こちらは伊藤園が公式に募集要項で公開していました。

伊藤園の年間休日は120日(2023年度の実績)*²とのことです。

こちらはホワイト企業ナビが定義するホワイト企業の要素である、年間休日120日以上を満たしますね。

週休2日制なので、休みに関しては満足度の高い数字になっています。

③伊藤園の離職率

次に伊藤園の離職率に関してですが、こちらも伊藤園が公式に発表しています。

伊藤園のサステナビリティデータを参考にすると、新卒の3年後離職率は29.3%(2023年4月期)*¹でした。

ちなみに、2022年4月期は28.1%、2021年4月期は24.4%となっています。

対象年度 新卒採用者離職率(3年以内)
2021年4月期 24.4%
2022年4月期 28.1%
2023年4月期 29.3%

伊藤園の離職率は、ホワイト企業ナビが定義する3年後離職率3割未満を満たしていますね。

その他のホワイト企業としての要因

ここでは、その他、伊藤園の労働条件に関して良い点をまとめていきます。

平均勤続年数が比較的長い

まず伊藤園の平均勤続年数は、全体で17.2年(男性17.8年、女性12.2年)*¹と長いです。

国税庁が令和4年に発表した民間給与実態統計調査によると、平均勤続年数は12.7年なので約4年ほど平均勤続年数は長いと言えます。

育児休業後の復職率が高い

次に伊藤園の育児休業後の復職率は98.0%*¹と高いですね。

育児休業を取っても戻ってきやすい環境が整っていると考えることができます。

このあたりは会社の風通しの良さも影響するため、育児休業後の復職率が高い点は評価できますよね。

伊藤園の労働条件に関する懸念点

一方で、伊藤園の労働条件に関して個人的には懸念点も見えました。

それは初任給の低さです。

伊藤園の新卒採用の募集要項を見ると、大卒の全国採用の営業職の初任給は229,000円です。

一見すると、平均水準に見えますが、注意書きとして「固定残業17時間分 25,000円含む」と書いてあり、要するに17時間の残業代を含めて229,000円ということですね。

(※固定残業は残業をしなかった場合にも支払われますが、伊藤園の平均残業時間が17時間を超えていることを考慮すると、固定残業分は働かないといけないと予想できます。)

厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、2022年の平均初任給額は217,000円。

伊藤園の初任給のうち固定残業代を除くと、204,000円となるため平均よりも低い金額です。

以上の内容を踏まえると、伊藤園はホワイト企業ナビが定義するホワイト企業の条件をすべて満たしています。

よって、ホワイト企業ナビは伊藤園をホワイト企業と定義しますが、懸念点でもお伝えしたとおりで、初任給の低さと会社の知名度の差にギャップを感じてしまう人は一定数いるでしょう。

そのあたりは個人の価値観や適性の問題なので、一概には言えませんが、これらの調査結果も考慮しつつ、自分にとって伊藤園はホワイト企業なのかを考えることが重要です。

ホワイト企業ナビは、こうした3条件をすべて満たす企業に特化した求人サイトです!

「ホワイト企業だけが知りたい!」という方は、ぜひ活用してもらえると嬉しいです。

今後も世の中の企業がホワイト企業かどうか調査を進めていきますね!

伊藤園がホワイト企業かどうか調査した結果

【参考データ】
*¹:伊藤園 サステナビリティデータ
*²:伊藤園 新卒採用2025 募集要項

【補足】伊藤園の平均年収は?

この章では、補足として伊藤園に関してよくある質問を解説しておきます。

伊藤園の平均年収について調査しました。

伊藤園の有価証券報告書を見ると、2023年4月期の平均年収は600万円*³でした。

また平均年齢は40.9歳となっています。

OpenWorkが発表した投稿された口コミを元にした年齢別の平均年収を見ると、40歳の推定平均年収は614.9万円なので、この平均水準よりも若干低いことが分かります。

*³:伊藤園 有価証券報告書等

↓この記事以外のホワイト企業に特化した情報をまとめました!

【ホワイト企業に関する基礎知識

【ホワイト企業の探し方・選考対策

【年代別のホワイト企業への転職方法】

【ホワイト業界に関する基礎知識

【地域別のホワイト企業】

【業界別のホワイト企業ランキング

【その他】

この記事を書いた人

就活マン(藤井智也)

日本最大規模の就活ブログ「就活攻略論」を運営。
大学時代に中堅大学から超高倍率の食品メーカーからの内定を獲得後、1年で退社し独立。これまで執筆した就活記事は1200記事を超える。

この記事を監修した人

藤九 亮輔

国家資格「キャリアコンサルタント」を保有。
元大学キャリアセンター職員。
就活記事のライター歴5年。現在はホワイト企業ナビの編集部として活動中。

TOPへ