【ホワイト企業に入るには?】入りたい人必見の5つの方法を解説!

こんにちは!

「全力の企業研究」というブログを運営しているトシです!

今回はホワイト企業に入りたい人必見のホワイト企業に入る方法を解説します。

多くの就活生が入社を目指すホワイト企業ですが、「そもそもホワイト企業に入るにはどうしたらいいの?」と疑問な人もいるかと思います。

ホワイト企業に入るには見分け方や就職のポイントを知っておくことが重要。

そこで、この記事ではホワイト企業に入る5つの方法を詳しく解説していきます。

ホワイト企業の探し方や内定を取るための対策も合わせて紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ホワイト企業に入るには?

最初に、ホワイト企業に入るにはどうすれば良いのかを解説していきます。

ホワイト企業に入りたい人は次の5つの方法をチェックしてくださいね。

方法① ホワイト企業を定義する

「そもそもホワイト企業とは何か?」を理解するために、まずはホワイト企業をしっかり定義しておきましょう。

結論から言うと、ホワイト企業は「社員を大切にする会社」と定義しておくのがポイントです。

ホワイト企業は「社員が働きやすい会社」と言われることが多いですが、働きやすさの基準は人それぞれ。

ホワイト企業の定義としては少しあいまいですね。

一方、「ホワイト企業=社員を大切にする会社」と定義するとイメージがしやすいのが良いところ。

ホワイト企業は社員を第一に考えているのが特徴です。

残業時間を減らしたり、有給休暇を取りやすくすることで社員がワーク・ライフ・バランスを実現できるように取り組んでいます。

もちろん、ホワイト企業にはサービス残業や休日出勤はないですよ。

ホワイト企業を「社員を大切にする会社」と定義しておくとホワイト企業を簡単に見分けられますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

方法② ホワイト企業の特徴を知る

次に、ホワイト企業の特徴も合わせて知っておきましょう。

【ホワイト企業の特徴】

  • 離職率が低い
  • 残業が少ない
  • 有給休暇を取れる
  • 女性が活躍できる
  • 給与が高く福利厚生が充実している
  • スキルアップできる
  • 業績が安定している

残業がほとんどない、有給休暇が自由に取れるなど、働きやすさに優れているのは当たり前。

女性が活躍できる環境が整っていたり、充実した研修制度でスキルアップできたりと働きがいも十分なのがホワイト企業の特徴です。

「人気の企業=ホワイト企業」「大企業=ホワイト企業」というわけではないので注意しましょう。

もちろん業界を代表するような大企業はホワイト度が高い会社が多いですが、知名度が低くてもホワイトと言える企業はたくさんありますよ。

方法③ ホワイト企業の見分け方を知る

ホワイト企業の定義と特徴を理解した後は、ホワイト企業の見分け方も確認しておきましょう。

必ずチェックしておくべき5つの基準を厳選して紹介しますよ。

【ホワイト企業の見分け方】

  • 3年後離職率が低い
  • 残業時間が少ない
  • 休みが多い
  • 平均年収が高い
  • 業績が安定している

①3年後離職率が低い

3年後離職率とは、新卒で入社した社員数のうち3年以内に辞めてしまう人の割合のこと。

つまり、3年後離職率が低い企業は若手社員の満足度が高い企業と言えますね。

厚生労働省の新規学卒就職者の離職状況データより、大卒の3年後離職率は平均31.2%。

よって、3年後離職率31.2%を基準として、気になる企業の3年後離職率をチェックしてみましょう。

最も3年後離職率が低い「電気・ガス・熱供給・水道業」業界の平均は11.1%。

これを目安とすると、3年後離職率が10%以下の企業はホワイト度が高いと言えますね。

3年後離職率は業界によっても差があります。

気になる企業の3年後離職率が、業界の平均と比べて大幅に高いとブラック企業の可能性があるので注意。

ホワイト業界の中にもブラック企業は存在するので、しっかり3年後離職率を確認しておきましょう。

②残業時間が少ない

ホワイト企業を見分ける基準として、残業時間もチェックするようにしましょう。

労働基準法より労働時間は、1日8時間・週40時間まで。

これを超える場合は残業時間として扱われます。

残業時間は会社と社員が結ぶ36(サブロク)協定より、基本的には月45時間が上限になります。

よって、継続的に月45時間以上の残業をしている企業はブラック企業の可能性があるので注意しましょう。

なお、1か月の残業が25時間未満の企業なら安心。

残業時間が1日1時間程度であれば無理なく働けるという人も多いです。

つまり、1か月の残業が20時間以下の会社はかなりホワイト度が高いと言えますね。

③休みが多い

ホワイト企業は休みが多いことも特徴。

年間休日数が多く有給休暇取得率が高い企業は、仕事とプライベートを充実できるワーク・ライフ・バランスに優れた企業と言えますね。

労働基準法では年間休日数は105日以上と決められています。

ただし、年間休日数が105日程度しかない会社はかなり休みが少ないです。

長期休暇がなかったり、土日のどちらかが出勤になることを知っておきましょう。

しっかり休むためには3日に1日は休みという状態を作ることが必要。

つまり、ホワイト企業の基準は年間休日数120日以上と覚えておきましょう。

また、有給休暇取得率の平均は厚生労働省のデータより56.6%。

よって、有給休暇取得率は56.6%を基準にすればOK。

この基準よりも高いほどホワイト度も高くなると言えますね。

④平均年収が高い

ホワイト企業の基準として平均年収も忘れず確認してくださいね。

国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態統計調査」より、日本全体の平均年収は433万円。

よって、平均年収433万円を基準にすれば給与が多い会社なのか、給与が少ない会社なのかが分かります。

ただし、平均年収は計算方法が統一されていないことも知っておきましょう。

たとえば、残業代まで含めて平均年収とする企業もあれば、残業代を含めない企業もあります。

平均年収は「大体これくらいもらえるかな」という目安として見ておくと良いですよ。

⑤業績が安定している

業績が安定していることもホワイト企業の特徴の1つです。

業績が不安定な企業は業績を上げることを優先するので、社員を大切にする余裕がないのは当然ですね。

業績の中でも特に見ておきたいのは売上高と利益のバランスです。

売上高と利益のバランスは、営業利益率で確認すればOK。

売上高1兆円の企業でも利益がマイナス(赤字)の企業は安定していると言えないですよね。

反対に売上高が1,000億円でも100億円の利益が継続して出ている企業なら安定感バツグン。

営業利益率は業界や景気によっても左右されますが、一般的に10%程度あれば優良企業と言えますよ。

「営業利益率(%)=営業利益/売上高×100」で簡単に計算できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

方法④ 自分に合ったホワイト企業を探す

ホワイト企業の見分け方を知った後は、実際にホワイト企業を探してみましょう。

ホワイト企業を探す時には「自分に合っている」という視点を持つことが大事。

たとえば「残業をしてでも自分のスキルを磨きたい!」という人は、残業がほとんどない企業は合いません。

仕事に求めているものは人それぞれ。

ぜひ自分に価値観に合ったホワイト企業を探してみてくださいね。

ホワイト企業の詳しい探し方は後ほど紹介しますよ。

方法⑤ ホワイト企業の選考対策を行う

ホワイト企業を目標とする人は、当然ですがしっかり選考対策を行いましょう。

ホワイト企業から内定を取るためには、1日でも早く就活を始めることがとにかく重要です。

選考を突破できる人・できない人を分ける最大のポイントは、就活準備にどれくらい力を入れたかどうか。

採用担当者は人を見るプロなので、手抜きの自己分析や志望動機は簡単に見抜かれてしまいますよ。

就活準備をやり切ったという自信は選考での余裕につながります。

  • 一夜漬けで暗記してきた志望動機を棒読みする「余裕のない人」
  • 納得度の高い志望動機を自分の言葉で語る「余裕のある人」

余裕のある人が通過しやすいのは当たり前ですよね。

就活準備をやり切るためには、とにかく時間が必要です。

他の就活生に差をつけるためにも1日でも早く就活を始めましょうね。

なるほど!ホワイト企業に入るにはこの5つの方法を理解しておくことが大事ですね!

自分に合ったホワイト企業の探し方5選

ここからは、自分に合ったホワイト企業の探し方を紹介しますね。

ホワイト企業への入社を目標にしている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

【自分に合ったホワイト企業の探し方】

  • 逆求人サイトでオファーをもらう
  • 就活エージェントで紹介してもらう
  • 口コミサイトで評判をチェックする
  • 就職四季報で調べる
  • 政府認定マークを取得しているか確認する

探し方① 逆求人サイトでオファーをもらう

「ホワイト企業の探し方がわからない…」という人は、逆求人サイトに登録してオファーをもらうようにしましょう。

逆求人サイトは、プロフィールを登録しておくことで企業からオファーが届く就活サイト。

オファーをもらった企業について、ホワイト企業の特徴を持っているかチェックするだけで良いので効率的ですよ。

今まで知らなかった業界や企業と出会えるメリットもあるおすすめサービスなので、ぜひ活用してみてくださいね。

逆求人サイトを複数利用しよう

逆求人サイトはいくつかのサイトがありますが、サイトによって参加している企業が違います。

複数の逆求人サイトを併用すると、大手企業から中小・ベンチャー企業まで幅広くオファーをもらうことができますよ。

▼おすすめの大手逆求人サイト

オファーボックスは参加している企業の15%が上場企業なので、大手・優良企業からもオファーが届きます。

キミスカは大手のグループ企業など中堅やベンチャー企業の参加が多いので、オファーボックスとの併用に最適ですよ。

探し方② 就活エージェントで紹介してもらう

「ホワイト企業を紹介してほしい!」という人は、就活エージェントを利用するのがおすすめです。

就活エージェントは就活のプロが面談を元に自分に合った企業を紹介してくれたり、内定まで徹底サポートしてくれるサービス。

求人を出す企業が就活エージェントに紹介料を払う仕組みなので、就活生は無料で利用することができますよ。

▼おすすめの就活エージェント

探し方③ 口コミサイトで評判をチェックする

口コミサイトで企業の評判をチェックすることもおすすめです。

口コミサイトを利用すれば実際に働いている人・働いていた人のリアルな意見を知ることができますよ。

たとえば、口コミサイト「OpenWork」でチェックできる項目の例は以下です。

  • 組織体制・企業文化
  • 働きがい・成長
  • ワーク・ライフ
  • 退職検討理由

ただし、個人の主観で書かれている口コミもあるので、1つの口コミだけを見て企業を評価しないように注意してくださいね。

口コミ全体をじっくり眺めて、どのように評価されているかの傾向を把握するようにしましょう。

探し方④ 就職四季報で調べる

「就職四季報」を使ってホワイト企業の特徴を満たす企業を調べることもおすすめ。

就職四季報には次のような情報が掲載されていますよ。

  • 3年後離職率
  • 残業状況
  • 有給休暇取得状況
  • 女性採用状況
  • 平均年収
  • 業績

さまざまな企業の詳細なデータが網羅的に掲載されていますので、自分に合ったホワイト企業を探してみてくださいね。

探し方⑤ 政府認定マークを取得しているか確認する

政府認定マークを取得している企業を探すことも1つの方法です。

厚生労働省や経済産業省では労働者の安全や健康に積極的に取り組んだり、女性の活躍推進や子育て支援に力を入れている企業を認定しています。

政府認定マークとしては次の5つがありますよ。

  • 安全衛生優良企業
  • 健康経営優良法人
  • えるぼし
  • くるみん
  • ユースエールマーク

企業を選ぶ時の安心材料として、ぜひチェックしてみてくださいね。

逆求人サイトや就活エージェントなどをうまく活用すると効率的に自分に合った企業を探せそうです!

ホワイト企業から内定を取るための対策5選

続いて、ホワイト企業から内定を取るための対策を解説します。

先ほどお伝えした通り、就活は1日でも早く始めるのがとにかく大事。

1日でも早く就活を始めてしっかりと対策を進めていくようにしましょうね。

対策① 自己分析で自分の強みを洗い出す

「自分に合ったホワイト企業から内定を取りたい!」という人は、自己分析を徹底的に行って自分の強みを洗い出すようにしましょう。

自分の強みを洗い出した後は、志望する企業・職種で活かせる強みに注目して自己PRを作るのが選考突破のコツ。

採用担当者は「自社とミスマッチがないか」「自社で活躍できそうか」を基準に就活生を評価します。

よって、自分の強みなら何でも良いというわけではないので注意です。

なお、自己PRでは自分の強みが発揮されたエピソードも合わせて伝えるようにしましょう。

「なぜその強みがあると言えるのか」に説得力を持たせるには、具体的なエピソードが必要。

誰が聞いても「たしかに、その強みを持っていそうだな」と思えるエピソードを答えられるように準備してくださいね。

対策② 納得度の高い志望動機を作る

志望動機は使い回しができないので、しっかり対策しているかどうかで差がつきます。

まずは、「なぜ競合他社ではなく、御社を志望するのか」を自分の言葉で伝えられるように準備をしましょう。

そのために必要なのは徹底的な企業研究。

企業研究を通じて、志望企業の事業内容や職種ごとの業務内容、求める人材を把握することが大事です。

志望企業の競合他社の研究も行い、競合他社ではダメな理由を明確にすることで志望動機に説得力をつけることができますよ。

次に、「その会社で何をしたいのか」「なぜそれをしたいのか」を自分の価値観や実体験を元に考えてみましょう。

採用担当者に「こういう性格でこういう経験をしてきた人だから自社を志望しているんだな」と納得してもらうことが選考通過には重要です。

「将来、御社でこういうことを成し遂げたい!」というビジョンまで語ることができれば、他の就活生を圧倒する熱意を伝えることができますよ。

対策③ 会ってみたいと思わせるESを書く

インターンシップ選考や本選考の最初の関門がES(エントリーシート)。

通過しないと面接に呼ばれないので、しっかり対策をしておくことが大事ですよ。

質問事項としては「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」「自己PR」「志望動機」などがありますが、いずれの質問においても以下を意識するようにしましょう。

  • 正しく論理的に回答しているか?
  • 志望企業にマッチしている人材だと伝えられているか?
  • 熱意が込められているか?

正しく論理的に回答する

ESでは質問に対して、結論から答えることが大前提。

それに加えて文章がわかりやすく書かれていることが重要です。

ESを書いたら何度も読み返して「話に抜けはないか」「話が飛んでいないか」を確認してくださいね。

他の人に読んで、わかりづらいところを指摘してもらうのも良いESを書くコツですよ。

志望企業にマッチしている人材であることを伝える

採用担当者に会ってみたいと思わせるためには、志望企業にマッチしている人材であることを伝える必要があります。

コストをかけて採用した新卒が入社後すぐに辞めてしまうのは、会社にとって大きな損失。

ですので、ESではミスマッチがないことを色々な質問で確認しようとしているのですね。

会ってみたいと思わせるESを書くためにも、徹底的に自己分析と企業研究をしておきましょう。

熱意を込める

「絶対に入社したい!」という熱意を込めることもめちゃくちゃ大事。

また、一つひとつの文章が丁寧に作られているかも熱意を見るのに重要なポイントと言えますね。

なお、基本的なことですが、誤字脱字があったり空欄が多いと「志望度が低い」と評価されますので注意しましょう。

対策④ GD練習を徹底的に行う

GD(グループディスカッション)は選考ステップの序盤に行われることが多く、人気企業では面接に進む前の足切りとして実施されることもあります。

GDは練習すればするほど上達しますので、苦手な人は何度も練習しておきましょう。

反対に、練習せずに選考に挑むとGDの流れや自分が得意な役割がわからず、何もできずに終わってしまうことがあるので注意です。

「でも、どうやって練習すればいいの?」という人は先ほど紹介した「irodasSALON」を活用してみましょう。

就活生から人気の高いGDセミナーが定期的に開催されていますよ。

対策⑤ 面接練習を繰り返し行う

「面接が不安…」という人も多いと思いますが、GDと同じく練習することで上達しますのでしっかり対策しておきましょう。

面接練習では以下を意識してみてくださいね。

  • 第一印象を良く見せるためにできることは何か?
  • 質問の意図を理解して、結論と理由を簡潔に答えられるか?
  • 丸暗記ではなく、自然体で答えられるか?

第一印象を良く見せる

面接では話す内容だけではなく、表情や姿勢などの視覚情報、声のトーンや大きさなど聴覚情報がかなり重要。

採用担当者に「この人はいい感じだな」「一緒に働きたいな」と思われないと面接通過は難しいと言えますね。

たとえば、いつも声が小さい人と言われる人は意識して大きめの声を出すようにしましょう。

できる限り「いい感じの自分」を出せるように練習の時から準備してみてくださいね。

質問の意図を理解して結論と理由を答える

面接では質問の意図を一瞬で理解して、結論とその理由を簡潔に答えることが重要。

面接では時間をかけて質問の意図を考えることができないので、ESよりも難易度は高めと言えますね。

まずは質問の狙いを一瞬で理解する練習をしましょう。

質問の意図がつかめるようになった後は、結論とその理由をビシッと回答する練習もしてみてください。

なお、不安になって必要のないことまで話しすぎてしまうのは逆効果。

面接は質問に答える場ではなく面接官と会話する場だと考えましょう。

追加で質問があったり、話をうながされた場合は補足するようにしましょうね。

丸暗記ではなく自然体で答える

面接では丸暗記ではなく自然体で答えることも重要。

面接で話す内容を丸暗記して棒読みするのではなく、自然体で答えられるようになるまで繰り返し練習しておきましょう。

「でも、どうやって面接練習したらいいの?」という人は就活エージェントを活用してみてくださいね。

ホワイト企業から内定を獲得できるように、この5つの対策を実践して就活準備を進めていきます!

ブラック企業に入らない方法を簡単に紹介

ブラック企業に入らないためには、ブラック企業の特徴を理解しておくことが重要。

ざっと眺めておくと、ブラック企業を見分けるために役立ちますよ。

【ブラック企業の特徴】

  • 3年後離職率が31.2%よりも大幅に高い
  • 45時間越えの残業が続く
  • 年間休日数が105日程度
  • 有給休暇が取れない
  • 平均年収が433万円より大幅に低い
  • 常に人を募集している
  • 残業代が出ない
  • 休日や定時後に連絡がくる

「よく調べずに入社したらブラック企業だった…」という人は意外に多いです。

「口コミサイト」や「就職四季報」を活用して、気になる企業がブラックでないことを事前にチェックするようにしてくださいね。

ブラック企業の特徴を知っておけば、ブラック企業を見分けることができますね!

本記事の要点まとめ

この記事ではホワイト企業に入る方法を解説してきました。

また、ホワイト企業の探し方や内定を取るための対策についても合わせて紹介しました。

繰り返しになりますが、ホワイト企業は「社員を大切にする会社」と理解しておくことが重要。

自己分析を通じて自分の価値観を知って、自分に合ったホワイト企業を見つけてくださいね。

では、最後にホワイト企業に入るための5つの方法をもう一度おさらいしておきましょう。

【ホワイト企業に入る方法】

  • ホワイト企業を定義する
  • ホワイト企業の特徴を知る
  • ホワイト企業の見分け方を知る
  • 自分に合ったホワイト企業を探す
  • ホワイト企業の選考対策を行う

この記事を読んでくださったみなさんが自分に合ったホワイト企業に入社し、活躍されることを願っています。

以上、「全力の企業研究」のトシでした!

TOPへ