【SPI解答集とは?】絶対に利用すべきでない理由を徹底解説!

本ページには一部PR情報が含まれます(詳細:広告掲載ポリシー

求職者のみなさん、こんにちは!

累計2000万PVを突破した日本最大規模の就活ブログ「就活攻略論」を運営している就活マンです。

(これまで7年間、ほぼ毎日、スタバにこもって1500以上の記事を書き続けてきました。就活や転職についての知識は誰にも負けない自信があります!)

… その代わりに友達が少なく、寂しく生きていますが。笑

就活や転職で対策が必要になるSPIですが、「解答集が手に入らないのか?」と思う人は多いですよね。

そこで今回はSPIの解答集をダウンロードすることはできるのか?

またダウンロードできた場合に、SPIの解答集を利用したことがバレたらどうなるのか解説していきます。

SPIの対策の最適解について、僕の考えも合わせて解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

正直、SPI対策が全然進んでいないので、解答集を手に入れたいという気持ちがあります。

SPI解答集を購入・ダウンロードすることは違法?

まず第一に、SPI解答集を購入したり、ダウンロードすることは違法なのか?

なぜなら、SPIの著作権はリクルートが保有しており、その解答集の著作権もリクルートにあると考えることができるからです。

よって、著作権元のリクルートからの親告があれば警察が動き、SPI解答集の発行元を調査する可能性があります。

現状は、SPIの解答集に関連する逮捕者は出ていませんが、将来的な可能性として著作権違反になる可能性は十分にあるので注意が必要です。

Webテスト代行は逮捕者が出ている

ちなみにSPI解答集に関連して、Webテストの替え玉受験による逮捕者は出ています。

» 就活「替え玉受検」、関電社員を3度目逮捕…依頼の男子学生「ばれなければ大丈夫だと」|読売新聞オンライン

これは「電磁的記録不正作出及び供用罪(刑法161条の2第1項・3項)」という法律に違反したためです。

電磁的記録不正作出及び供用罪に関しては、下記のサイトの説明が参考になります。

» 不正作出電磁的記録供用罪|横浜ロード法律事務所

実際に、このようにWebテストの不正による逮捕者が出ているため、SPI解答集のダウンロードや利用は絶対にやめましょう。

そもそもSPI解答集を発行したり、それを利用することが違法になる可能性があるんですね。そんなリスクを取るなら、普通に対策した方が良さそうです。

SPI解答集を使わずにSPI対策する方法

先の章にて、そもそもSPI解答集を利用することが違法になる可能性を指摘しました。

そうなると、SPI解答集を使わずにSPI対策しないといけないと気持ちが引き締まりますよね。

そこで、この章ではSPI解答集を使わずにSPI対策をする最適な方法を2つ紹介していきます。

僕が特におすすめするSPI対策法なので、ぜひ参考にしてください!

【SPI解答集を使わずにSPI対策する方法】

  • キミスカのSPI対策を利用する
  • SPIの問題集に取り組む

①キミスカのSPI対策を利用する

まず第一におすすめなのが、キミスカのSPI対策サービスを利用することです。

僕が就活生の時は、有料のSPI対策アプリぐらいしかなかったのですが、今ではキミスカのような逆求人サイトがSPI対策サービスも無料で提供しています。

キミスカのSPI対策は会員登録後に、無料で利用できるので「どうやってSPI対策を進めていこうか」と悩んでいる人は特におすすめです!

» キミスカに登録してSPI対策を受ける(無料)

②SPIの問題集に取り組む

次に、こちらは僕が就活生の時もおこなったSPI対策ですが、問題集に取り組むことですね。

まさに王道であり、最も有効な対策だと僕は考えています。

そもそもSPIはあくまで「足切り」として企業側は実施するわけで、満点を取る必要はありません。

よって1冊、問題数が充実した問題集に取り組めば、9割の企業で通過できるレベルになります。何冊もSPI問題集に取り組む必要はないし、取り組む時間も毎日15分ずつで良いと思います。(僕が就活生の時は、毎日15分取り組むと決めてやっていました)

おすすめの問題集としては、問題数が多い下記が最もおすすめですね。

またもう少しラフにSPI対策に取り組みたい(イラストなどが使われていて取り組みやすい問題集がいい)という人におすすめはこちらのシリーズです。

上記、どちらか1冊に取り組めばSPIで足切りされることは少なくなります。

わざわざリスクを犯してまで、SPI解答集を手に入れるよりも絶対的におすすめなので、まだ問題集に取り組んでいない人はすぐに始めてみてください。1日15分でも良いので!

SPI問題集に関して、上記を含むおすすめの問題集や勉強方法を詳しく下記の記事で書きました。

「SPI問題集を買って対策しようと思っている」という方は、ぜひ合わせて読み込んでください!

» 【SPI問題集のおすすめ本5選】これだけやれば良い問題集を厳選!

またSPI対策をスキマ時間で、紙の問題集よりももっと手軽にやりたいという人は、SPI対策アプリを利用するのも1つの手です。

無料で300以上の問題を収録するアプリが多数あるので、それらを活用して愚直に問題を解くことがSPI対策の王道です。SPI対策アプリについては、詳しくは下記の記事を参考にしてくださいね!

» 【SPI対策おすすめアプリ5選】無料の超有用アプリを厳選!

キミスカが提供する無料のSPI対策サービスで問題を解いたり、市販の問題集を解くのがSPI対策の王道ということですね。

企業側は、SPIを実施することで「SPI対策をちゃんとできる人材」を採用したいと考えている。企業によっては入社後にSPIを受験される企業もあるみたいだから、解答集を利用せずに、ちゃんと対策しておくことが重要だよね。

SPI解答集をダウンロードできるサイトは?

ここまでSPI解答集を利用することがそもそも違法になる可能性と、SPI対策法を共有しました。

この記事を書くにあたり、SPI解答集について調査したのですが、実際にSPI解答集が売られているサイトは以下のとおりでしたね。

【SPI解答集をダウンロードできるサイト】

  • note
  • X(旧twitter)
  • メルカリ
  • ヤフオク

①note

まずコンテンツ販売ができるサイト、noteでSPI解答集の販売が見られました。

note(「SPI 解答集」で検索後に有料のみに絞り込んだ結果

25卒、26卒解答集として、7500円という高額でSPI解答集が販売されているのが見られました。

かなり数は少ないですが、こちらの販売者情報を見ると、こちらのコンテンツしか販売しておらず、販売元の信頼性に欠けるため、特に怪しいと感じましたね。

②X(旧twitter)

次にXにて、SPI解答集の配布が見られました。

配布されているSPI解答集を入手するためには、そのツイート元をフォローとリツイートするという内容が多いようです。

特にこちらは無料で配布されているのと、リツイートが多いと信頼性が高いと判断してしまいがちなので、注意が必要ですね。

③メルカリ

次にメルカリにて、SPI解答集を調べたところ、基本的には市販の問題集が販売されていたのですが、中には下記のような自作の解答集の販売が見られました。

こちらは売れていないのですが、コメントを見ると「購入したい」という声が多数見られ、需要の多さを感じますね。

④Yahoo!オークション

最後に、Yahoo!オークションでSPI解答集を検索したところ、こちらでも出品が見られました。

実際に入札が入っているものも多く、出品数も多い印象でした。

以上が、僕が調べてみて実際にSPI解答集の販売があったサイトです。

Webテストの替え玉受験の逮捕者が出てから、SPI解答集の販売が減った傾向にあると僕は見ていて思います。

ですが、このように2024年現在もサイトによっては販売されてしまっているので、注意が必要ですね。

実際に販売されていますが、どれも販売元が隠れていたりと怪しいですね。購入しないようにします。

noteで販売されているSPI解答集は信用できる?

先の章ではnoteで、SPI解答集が出品されていることに触れました。

これに関して、「noteで販売されているSPI解答集は信用できる?」という質問があります。

おそらくSPIの著作元であるリクルートもSPI解答集に対して、毎年対策を行っている可能性が高く、noteで販売されている解答集が以前は使えた可能性はあるが、今年は使えないという可能性は十分にあるんですよね。

その場合、SPI対策をしていないため、どの企業のSPIにも落ちることになり、大きなリスクが伴います。

またこの記事で散々説明したようにSPIの解答集を利用すること自体がリスクです。

noteで販売されているSPI解答集は購入しないのがベストでしょう。

たしかに販売元の詳細も不明、かつ中身が購入しないと見れないため、そもそも信用できないですね。

SPI解答集を使ったことは企業にバレるか?

次に気になるのが、SPI解答集を使った場合に、そもそも企業にバレるリスクはないのかという点。

SPI解答集は自宅で受けるWebテストのみの利用が想定されるため、利用したこと自体がすぐに企業にバレることはほとんどありません。

ですが、企業によっては入社後にSPI試験を受験させるケースもあり、その時にあまりに選考で受けた時の点数と乖離があれば企業から疑われる可能性があるんですよね。

ちなみにSPIは100点満点という採点方法ではなく、偏差値と似たような評価方式となります。(全国平均が50で、20〜80で示される形です)

選考で受けた際にこの偏差値が70で、入社後に実施したSPIで40となれば、あまりの乖離に企業側は疑いますよね。

このように入社後にSPI受験させられるリスクもあることから、SPI解答集を利用することはリスクがあまりにも大きいと僕は考えています。

なるほど!企業側もSPI解答集の存在を認識しているからこそ、対策を打ってくる企業があるということですね。その点でもしっかりと問題集などでSPI対策すべきだと思いますね。

【補足】SPI解答集の使い方は?

ここからはSPI解答集に関して、よくある質問に解答していきます。

まずネットを調べていて、よくある質問が「そもそもSPI解答集の使い方は?」という質問です。

僕が就活生の時、僕も周りの同級生もSPI解答集を利用している人はいませんでした。

だからこそ、そもそもどんな使い方をするものなのかよく分からないですよね。

調べてみると、ほとんどのSPI解答集が下記のような使い方をするとのことでした。

【SPI解答集の使い方】

  1. excelファイルのSPI解答集を開く
  2. 問題文の冒頭の文章で検索をかける
  3. 表示されている解答番号を参考にする

要するに、SPI解答集はほとんどがexcel形式であり、問題文の冒頭と、その問題に対する解答番号が記載されているタイプのようです。

SPIの解き方や考え方など詳細が書かれているのではなく、問題文の冒頭とその解答番号が記載されているだけなので、仮にSPIの仕様が変更されれば(例えばランダム表示など)一瞬で使い物にならないものになるなと僕は思いました。

問題文の冒頭と、その問題に対する解答番号が記載されているため「裏ワザ感」があって、SPI対策が面倒だという一部の人に使われてしまっているんですね…。

【補足】SPI解答集のexcelを無料でダウンロードする方法は?

次によくある質問が、SPI解答集のexcelファイルを無料でダウンロードしたいという内容です。

結論、たしかにX(旧Twitter)でリツイートとフォローを条件に無料で配布しているアカウントが見られました。

ですが、何度も言うようにそもそもSPI解答集は違法になる可能性も十分にあります。

その時に配布先としてネット上にデータが残るため非常に危険です。

Xで無料でSPI解答集を配布している人がいますが、それは受け取らないようにしましょう。

あくまでSPI対策は自力で問題を解くことに尽きますから。

Xで無料配布されていても、そのアカウントのDMに履歴が残ったりと非常にリスクが大きいですよね。

本記事の要点まとめ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

今回はSPI解答集について徹底的に調べてみましたが、複数のサイトで販売されていたり、配布されていることが分かりました。

一時期よりも販売数は減っているものの、まだ配布されていることに驚きましたね。

SPI対策は受験のようにそこまで時間がかかるものではありません。

だからこそ、正々堂々、足切りされないレベルまでは勉強すべきです。

途中でも解説したように、企業によっては入社後にSPI受験を実施する企業もあるため、それに怯えて生活するのも嫌ですからね。

この記事を通して、SPI解答集の利用者が減ることを願っています。

【本記事の要点まとめ】

  • SPI解答集の利用はそもそも違法になる可能性があり危険
  • 実際にSPIの替え玉受験に関しては逮捕者が出ている
  • SPI解答集の販売が見られたサイトはnote、X(旧twitter)、メルカリ、ヤフオクなどで他にも様々なサイトで販売や配布がされている状況

またこの記事に加えて、「SPIはそもそもノー勉でも通過できるのか?」と気になる人は多いと思うので、SPIをノー勉でいどむことに関して別記事で書きました。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね!

» 【SPIはノー勉でも通過できる?】一夜漬け可能かも解説!

この記事を書いた人

就活マン(藤井智也)

日本最大規模の就活ブログ「就活攻略論」を運営。
大学時代に中堅大学から超高倍率の食品メーカーからの内定を獲得後、1年で退社し独立。これまで執筆した就活記事は1200記事を超える。

この記事を監修した人

藤九 亮輔

国家資格「キャリアコンサルタント」を保有。
元大学キャリアセンター職員。
就活記事のライター歴5年。現在はホワイト企業ナビの編集部として活動中。

TOPへ