【24卒/プログラマー】何があっても生き...

株式会社ピーアンドアイ

24卒【24卒/プログラマー】何があっても生きていけるスキルを身につけませんか?

【24卒/プログラマー】何があっても生きていけるスキルを身につけませんか?
企業名 株式会社ピーアンドアイ
応募資格 24卒大学・大学院・専門学校・短大・高専・既卒(学部学科不問)|文理不問
業種
  • IT・通信
職種 プログラマー
勤務地 東京都 港区 虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル4F(本社)※勤務地は東京本社もしくは関西オフィス(大阪)

ホワイト企業ナビ編集部が
注目したポイントPOINT

  • 1元請けだから全行程に深く関われる!技術者として他社に負けない実力が身につく環境
  • 2年間休日125日に在宅勤務も!”技術者が主役”だからこその働きやすさがある
  • 3月平均残業時間は15時間程度!各種管理の徹底により固定残業時間を超えることはほぼない!

事業内容BUSINESS CONTENT

プライム案件にこだわり全行程を自社で手掛ける技術者集団

プライム案件にこだわり全行程を自社で手掛ける技術者集団

ホワイト企業ナビ編集部です。
まずここでは、株式会社ピーアンドアイの事業内容についてご紹介します。

同社は「顧客企業のシステム開発」と「先端系技術(AIやビッグデータなど)のシステム開発」の2軸で事業を展開しています。

その中で同社最大の特徴は”プロジェクトの多くがプライム案件(元請け)”という点です。
一般的なシステム開発会社とは異なり、顧客企業との直接的なやり取りも多く、クライアントへ深く入り込んだ本質部分を解決しています。

また、上流から下流まで全行程を自社で手掛けていることから、開発だけでなくコンサルティングも含めた付加価値の高いサービスを提供している技術者集団です。

事業規模に比べてここまで元請けの比率が高い会社はない

事業規模に比べてここまで元請けの比率が高い会社はない

ピーアンドアイは100名規模の会社ですが、この規模の会社で同社ほど全プロジェクトにおける元請けの比率が高い企業はないそうです。

元請けの比率が高いということは、それだけ社員一人あたりの売上高が高いということ。
同社の2021年の売上高は23億7,845万円ですが、これを同社に在籍する100名の技術者で割ったとして、一人あたり2,300万円以上の売上を作っていることになります。

逆に技術者派遣が多い場合、一人あたりの売上高は低くなるため、この一人あたりの売上高の高さは少数精鋭で元請けにこだわっている同社ならではの実績です。

一人あたりの売上高が高いということは、それだけ企業としての利益も高まり、経営自体も安定するため、経営基盤の強さも兼ね備えた企業といえますね。

”技術者が主役”という思いを実現しているからこその働きやすさ

”技術者が主役”という思いを実現しているからこその働きやすさ

ピーアンドアイは”技術者が主役”という思いのもと、1989年に設立された会社であり、その思いは今も一切変わっていません。

元請けにこだわっているのも、この思いを実現するためであり、主役になれる職人気質の技術者が集まるからこそ、高い技術力による高品質のサービスを提供することができます。

また、同社は働く環境面においても技術者に寄り添った制度設計を行っており、年間休日125日という休みの多さ、家族手当や奨学金手当などを含めた福利厚生面の充実など、社員が働きやすい環境づくりに注力しています。

このほか、リモートワークや在宅勤務制度を導入し、在宅勤務手当として毎年年間10万円を支給するなど、働き方の多様化にも柔軟に対応している企業です。

10人で1人を育てるような風土!立場に関係なくフラットな関係性

10人で1人を育てるような風土!立場に関係なくフラットな関係性

同社では上司を役職で呼ぶことはほとんどないといったように、社員同士にフラットな関係性ができているそうです。

また、今回取材対応いただいた社員の方いわく、新人が飲み会に誘ったら断るような先輩はおらず、10人で1人を育てるような”面倒見のよい風土”があるとのこと。

こうした縦の関係性に加え、社内イベントは若手主導のPI会と呼ばれるチームが企画しているため、若手同士の横のつながりも作りやすくなっています。

プロジェクト自体はチーム単位で動くため、チームの枠を超えた交流機会は少ないそうですが、社内イベントや食事会を通じて関係性を作ることができるのは、新卒入社する人にとっても安心できる点ですね。

プロジェクト管理や勤怠管理の徹底により固定残業を超えることはほぼない

プロジェクト管理や勤怠管理の徹底により固定残業を超えることはほぼない

同社では固定残業制度(30時間)を導入していますが、普段の勤務でこの残業時間を超えることはほぼありません。

トラブル等によりプロジェクトが炎上した場合は残業が発生するそうですが、炎上しないための事前対策やプロジェクト管理を徹底するほか、勤怠管理も厳しく行うことで月平均残業時間も15時間程度に抑制しています。

そもそも元請け企業は残業すると利益率が低くなってしまうため、組織全体としても残業してまで仕事を進めることは推奨していないとのことでした。

仕事内容JOB DESCRIPTION

プログラマー→システムエンジニア→システムコンサルタントにキャリアアップしていく仕事

プログラマー→システムエンジニア→システムコンサルタントにキャリアアップしていく仕事

ピーアンドアイに入社後は、プログラマーからキャリアをスタートし、経験を積んだ上でシステムエンジニア→ITコンサルタントにステップアップしていきます。

まずプログラマーとして、先輩社員の指導のもと、プログラミングや設計書にある仕様書の確認、ドキュメント作成、プロジェクトに必要な技術調査など、指導員の仕事の一部を担当する形で基礎固めを行います。

プログラマーとして経験を積んだ後はシステムエンジニアとなり、仕様の設計書への落とし込みやメンバーへの伝達など、チーム全体の進捗管理を担います。

その後はシステムコンサルタント(プロジェクトマネージャー)というポジションにて、お客様と直接やり取りを行うなど、最上流工程を担当します。
要望や課題のヒアリング、要件定義などプロジェクトを統括する立場です。

研修期間は1年間!基礎から徹底的に学べる教育体制

研修期間は1年間!基礎から徹底的に学べる教育体制

同社では新人教育のために約1年間の研修期間を設けています。
入社後、最初の2ヶ月半はプログラミングの専門学校にて基礎部分を学び、その後1ヶ月半は社内研修という形で「プログラミングやデータベースの復習」「ヒアリング・インタビュー技術講習」「システム構築入門」「コンピュータ・アルゴリズム入門」「スケジューリング入門」といった内容の研修を受けます。

約4ヶ月間の集合研修が終わると、8月からは3ヶ月×2タームでOJTが実施されます。
先輩1名がトレーナーとなり、半期ごとの目標を定めて実践的な研修が行われます。

以上のように、同社では教育体制が体系化されており、技術者として必要な知識やスキルを基礎から徹底的に学べる環境が整っています。

何があっても生きていけるスキルが身につく

何があっても生きていけるスキルが身につく

ピーアンドアイで働く最大のメリットは”何があっても生きていけるスキルが自分自身に身につくこと”です。

先ほどお伝えしたとおり、同社ではプログラマー、システムエンジニア、システムコンサルタントといったように、立場に応じて異なる工程を取り扱うため、自社内で各工程を経験することが可能です。
また、取り扱う案件はほとんどが元請けであるため、プロジェクト内容も多岐に渡ります。

こうした特徴を有しているからこそ、技術者一人ひとりが他社に負けないたしかな技術力を身につけることができ、まさに”手に職をつけた状態”になるため、万が一企業側に何かあっても、自分自身で生きていくことができるというわけです。

元請け案件が多いからこそ常に大きな責任が伴う

元請け案件が多いからこそ常に大きな責任が伴う

ホワイト企業ナビ編集部では、この求人を見た人が入社後に「イメージと違った」というミスマッチを起こさないよう、企業のリアルな部分についても隠さずお伝えしています。

ピーアンドアイで働く場合、元請け案件が多いからこそ、常に大きな責任が生じることは理解しておく必要があります。

数千万円という大規模な案件を取り扱う中で、炎上や人手不足になればかなりの高稼働になるほか、元請けは替えがきかないため、どれだけ大変な状況でも逃げることはできず、やりきるという選択肢しかありません。

元請けばかりを取り扱うからこその経験ややりがいがある一方で、それだけ大きな責任が常に付きまとうことは知っておいてほしいとのことでした。

編集部が考えるピーアンドアイのホワイトポイント

編集部が考えるピーアンドアイのホワイトポイント

今回の取材を終えて、ホワイト企業ナビ編集部が感じた株式会社ピーアンドアイのホワイトポイントは”技術者が主役という環境”です。

ピーアンドアイは”技術者が主役”という思いを貫いているからこそ、プライム案件にこだわり、技術者一人ひとりの技術がより高まる環境を作り出しています。

また、休日の多さや福利厚生といった待遇面、在宅勤務などの働き方、体系化された教育研修体制など、全ては同社に在籍する技術者を第一に考えるからこそ全てが充実しています。
ここまで技術者に寄り添った企業を、編集部は他に知りません。

「技術者として確かなスキルを磨きたい」「どこでも通用する力を身につけたい」と考えている人にこそ、ぜひ注目してほしい企業です。

募集要項REQUIREMENTS

会社HP https://www.pandi.co.jp/
キャリアアップ 入社後はまずプログラマからスタート。経験を積み、システムエンジニア、システムコンサルタントへとステップアップしていきます。 
応募資格 24卒大学・大学院・専門学校・短大・高専・既卒(学部学科不問)|文理不問
雇用形態 正社員
給与 月給 231,000円 ~ 251,500円

・職能手当:1,000~5,000円
・固定時間外手当:45,700~49,800円(30時間)を含む
・賞与年2回(平均3.5~5.5か月 ※業績により変動有り)

勤務時間 9:00~17:30(実働7.5時間) 
・フレックスタイム制あり(コアタイム:11:00~15:00)
休日休暇 ・年間125日以上
・完全週休二日制(土曜・日曜・祝日)
・フレックス休暇:4日(夏季休暇等に使用)※3か月の使用期間終了後に付与
・年末年始休暇:7日(昨年度:12/29~1/4)
・創立記念日休暇:2月9日
・特別休暇(慶弔休暇/介護休暇/産前産後休暇/育児休暇等)
・有給休暇(年間20日※初年度のみ13日)
※最高付与日数40日(上限40日まで繰り越し可)
※入社3か月経過後から入社時期に応じて付与
勤務地 東京都 港区 虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル4F(本社)※勤務地は東京本社もしくは関西オフィス(大阪)
地図を表示 地図を表示
アクセス情報 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅/9番出口」徒歩2分|東京メトロ日比谷線「霞が関駅/C2出口」徒歩3分|都営地下鉄浅草線「内幸町駅/A4a出口」徒歩5分|JR線「新橋駅」徒歩10分
福利厚生 ・社会保険完備(雇用・健康・労災・厚生年金)
・通勤手当:月5万円まで支給
・家族手当:18歳未満の扶養者1名につき月1~2万円支給
・奨学金手当:月1万円支給
・退職金制度:在籍3年以上で適用
・出張手当有
・カフェテリアプラン制度:年間10万円支給
※試用期間(3カ月)満了後 (資格取得費用や健康増進、在宅勤務環境整備に使用)
・社員持株制度有
・財形貯蓄制度:契約者には奨励金も支給
・産前休暇、産後休暇、育児休暇等
・各種資格取得祝金:現在約128種の資格が支給対象
※10万円以上支給の対象資格も多数
※試用期間(3カ月)満了後
選考フロー 適性検査

一次面接(採用担当面接)

二次面接(人事面接)

最終面接(役員面接)

内々定
※全フェーズWEBにて実施
その他
TOPへ