【インターンの髪型はどうする?】失敗しない髪型を男女別に解説します!

今回の記事では、インターンで失敗しない髪型を男女別にバシッと解説します!

就活生のみなさん、こんにちは!

累計1500万PVを突破したブログ「就活攻略論」を運営している就活マンです。

(この記事を掲載しているホワイト企業ナビは、僕を含めたホワイト企業ナビ編集部が厳選した優良企業の求人のみを掲載しています!ぜひ求人も見てみてくださいね!» 求人一覧を見る

インターンは興味のある企業を知るための絶好のチャンスですよね!

実際に経験することで、ネットには載っていない生きた情報を得られるので、インターンを積極的に活用する就活生は多いでしょう。

自分に合う企業か事前にわかれば、面接で受ける企業を絞れたりモチベーションアップにつながりますよね!

しかし、企業側も就活生を精査していることを念頭に置かなければいけません。

意欲をアピールするのも大事ですが、良い印象を与えるには身だしなみにも気を配る必要があります。

身だしなみの中でも手を抜いてしまうのが髪型です。

「インターンのためだけに髪型を変えたくない」「まだ学生だから大目に見てくれるだろう」と不適切な髪型で臨むと、本採用だけでなく企業イメージにも影響を与えかねません。

そこでこの記事では、インターンで失敗しない髪型について解説します。

インターンの髪型で気をつけるポイントやNGな髪型の例を男女別に紹介するので、髪型に悩んでいる就活生はぜひ参考にしてください。

インターンで髪型に気をつけた方が良い理由

インターンで髪型に気を付けたほうが良い理由は4つあります。

4つの理由の共通点は「企業に与える印象」です。

企業側は髪型で身だしなみを見るだけでなく、その人の価値観や思考まで分析します。

企業に適した髪型は「社会人になる自覚がある」「インターンの意欲が伝わる」などの良い評価につながります。

一方で、不快感を与える髪型は「企業の一員としてふさわしくない」とマイナスイメージを持たれる原因です。

髪型一つで良くも悪くも大きく印象が変わるのがわかりますよね。

【インターンで髪型に気をつけた方が良い理由】

  1. 社員の一員として働くことになるから
  2. 本選考に影響を与える可能性もあるから
  3. 良い第一印象を与えることができるから
  4. 企業理解のアピールになるから

理由① 社員の一員として働くことになるから

インターンは職場体験とは違って、一社員として働くため髪型を気にしなければいけません。

職業体験とは、体験を通して業界・業種の仕事内容を知るのが目的です。

業務に携わる機会があっても、軽微な仕事や雑務なので給料も発生しません。

企業も参加者も「社会勉強をしに来ている」という学校行事の一環として捉えています。

一方で、インターンは企業理解を深めるための就業制度です。(※)

期間中は実際に社員が行う業務の一部に携われるので、進路を視野に入れて現実的に企業と向き合えます。

また、対価として給料も支払われるため、社員としての自覚を持たなければいけません。

奇抜なヘアデザインや手入れの行き届いていない髪型では、学生気分で参加しているといういい加減な印象を与えてしまうのは当然ですよね。

美容業界や服飾業界では個性を尊重する場合もありますが、一般的には清潔感がある髪型が望まれます。

インターンシップは学生の立場ではなく、一社員としての自覚が必要なので髪型に見気をつけなければいけません。

※参考:文部科学省|大学等におけるインターンシップの推進「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」

理由② 本選考に影響を与える可能性もあるから

インターンの髪型が不適切だと、マイナスイメージがついて本採用で不利になる可能性があります。

企業側がインターンを実施するにあたって、ミスマッチを防ぐ目的があります。

せっかく入社しても、早期離職されると人材育成にかけた時間と費用が無駄になるのは容易に想像できますよね。

早期退職を防ぐ目的のほかに、企業のイメージに合った人材かどうかを見極めています。

つまり、インターンの評価は本採用と直結していると考えた方が良いでしょう。

イメージを無視した髪型や社会人としてふさわしくないヘアアレンジは、マイナスイメージを持たれる原因となり、本採用の対象から外れてしまう可能性があると言えます。

理由③ 良い第一印象を与えることができるから

良い第一印象を与える髪型は、外見だけでなく内面に対してもプラスのイメージを持たせるメリットがあります。

良い第一印象を与えるメリットは下記の3つです。

  • 信頼感を持たれる
  • コミュニケーションを円滑にする
  • 前向きに本採用を考えてもらえる可能性がある

心理学の中に、人間の思考の偏りを表した「ハロー効果」という用語があります。

ハロー効果とは、見た目や視覚的な特徴で人の価値を決める心理現象で、相手に1つでも良い点があると好感を持ちやすくなると考えられているんです。

どんな場面においても、良い第一印象は信頼感につながります。

インターンの場合は「自社に前向きな姿勢が見える」という意気込みが伝わるため、社員のモチベーションが上がって信頼関係が築きやすくなりますよ。

また、良い第一印象はコミュニケーションを円滑にします。

奇抜な髪型は、「個性が強そう」「インターンを理解していなさそう」と敬遠される原因です。

一方で、インターンのために清潔感のある髪型に変えると、企業側は「素直に学んでくれそう」「真剣に参加してくれそう」と安心して教えられます。

コミュニケーションを円滑にするには、見た目の威圧感や個性を抑えるのも大事なんです。

さらに、良い第一印象を与えられると、前向きに本採用を考えてもらえるメリットがあります。

アメリカに「 First impressions are the most lasting(第一印象は変わらない)」という言葉があるように、第一印象が与えるインパクトは強いです。

インターンの評価が本採用につながる可能性は十分にあるので、良い印象を与えるためには髪型に気をつけなければいけません。

理由④ 企業理解のアピールになるから

企業イメージに合った髪型にすると、企業を理解しているというアピールになります。

インターンに適切な髪型は、業界・業種によって大きく異なります。

また、自分が良いと思う髪型と企業が好感を持つ髪型は全くの別物です。

たとえば、信用が大事な金融業界のインターンの際に、茶髪のハードなツーブロックで参加したら企業側はどう思うでしょうか。

「センスあるね!」「イケメンだね!」と絶賛する人はいません。

資産や生活を守る重要な業界において、見た目のセンスは最重要ではないため、企業イメージがわかっていないと思われても仕方ないですよね。

反対に黒髪で顔がしっかりと見える爽やかな髪型で参加すると、「信用は企業の成長につながる」という企業理解ができているアピールになります。

社会人としての基礎力が高く、企業理解がある人に関心が向くのは当然のことです。

「インターンだから適当でいいや」っていう考えは、間違いなく企業にばれますね。

そうですね。逆を言えば、良い印象を与えられれば周囲と差をつけられますね!

【男女別】インターン時の髪型で気をつけるポイント

インターン時の髪型には、男女共通・男女別に気を付けるポイントがあります。

インターンにふさわしい髪型を調べる中で、いろんな髪型が提案されていると結局候補が絞り切れませんよね。

男女共通して気を付けるべきポイントは「清潔感」と「業界に合った髪型」です。

共通のポイントを軸に男女別に髪型に工夫をすると、インターンに適した具体的な髪型が導き出せます。

【【共通】インターン時の髪型で気をつけるポイント】

  1. 清潔感
  2. 業界や企業に合った髪型
  3. 眉毛も整える

男女共通のポイント① 清潔感

清潔感とは見た目全体の印象です。

いくらスーツの着こなしで清潔感を出しても、髪型で不快感を持たれるとマイナスイメージになってしまいますよ。

髪型までこだわってこそ清潔感を与えられます。

清潔感のない髪型とは下記の3つです。

  • 寝ぐせがある
  • ボリュームがない
  • 伸びっぱなし

大事な場面で寝ぐせがついているのは言語道断です。

デート当日に好きな人が寝ぐせがついていたり伸びっぱなしの髪型で来たら、「髪を整える時間さえなかったのか」と気持ちが冷めてしまいますよね。

ボリュームのない髪型は年齢より老けて見える傾向があるので、フレッシュさが激減します。

皮脂によって髪がペチャンとなっている髪は特に、不衛生な印象を与える原因です。

インターンも同様に手入れが行き届いていない髪は、気合が感じられないだけでなく適当な性格だと疑われてしまいます。

髪の乱れは心の乱れを感じさせるため、男女ともに清潔感を意識するのが鉄則です。

男女共通のポイント② 業界や企業に合った髪型

業界によって雰囲気が異なるため、インターン先の業界や企業に合った髪型にするのがポイントです。

たとえば、百貨店業界や営業職などお客様と対面する仕事の場合、カジュアルな髪型は適切ではありません。

一方で、ベンチャー企業が多いIT業界は多様性を重視する傾向があるため、髪型は比較的自由でも問題ないでしょう。

しかし、IT業界すべてが自由度が高いとは言い切れません。

クライアントの出入りが多い企業や営業を伴う業務の場合は、企業の意向を汲み取る必要があります。

企業サイトや企業が発信しているSNSなどを確認して、インターン先の企業イメージに沿った髪型にしましょう。

男女共通のポイント③ 眉毛も整える

清潔感を与えるには、髪型だけでなく眉毛も整える必要があります。

整っていない眉毛や個性が強い眉毛は、フレッシュなイメージを感じません。

就活生らしい健康的で活発な印象を与えるには、「太さ」「長さ」「濃さ」が大切です。

眉毛を整える際は、眉毛用コームと眉毛専用ハサミを準備しましょう。

下記に眉毛を整える手順を紹介します。

  1. 太さは自眉を生かした自然なラインをベースにします。眉毛の形からはみ出てる毛を処理する程度でOK
  2. 長さは小鼻の端と目尻をつなげた延長線上まであると自然です。短い場合は眉ペンで書き足しましょう。
  3. 濃さ整えます。コームから出た毛を斜めにハサミでカットしましょう。眉毛の長さを男性は3~4㎜、女性は2~3㎜にするとナチュラルな濃さに仕上がります。

自信がない人は、フェイスシェーバーを利用したり美容室で整えてもらったりしましょう。

【【男性】インターン時の髪型で気をつけるポイント】

  1. 額を見せる
  2. 整髪料を使う

男性のポイント① 額を見せる

前髪を上げておでこを出すと爽やかさをアピールできます。

前髪を降ろしていると実年齢より若く見えるメリットがありますが、良い印象とは結び付きません。

反対に子供っぽいイメージや学生気分が抜けていないイメージを与えます。

さらには、自信がない、思考が読めないといったネガティブな印象を持たれる原因です。

額を出すだけで明るく爽やかな印象に激変するので、鏡の前で確認してみましょう。

男性のポイント② 整髪料を使う

整髪剤を使う理由は、髪にボリュームを出すためと清潔感を演出するためです。

整髪料を使うとカジュアルになるのでは?と不安になる人もいるかもしれません。

しかし、ワックスやスプレーを使う目的は、センスではなく良い印象をアピールするためです。

整髪料を使って髪型を整えている人とボサボサの髪の人がいたら、髪型が整っている人に清潔感を感じますよね。

また、ボリュームのない髪は疲れているように見えます。

就活生らしい活発さがなく老けて見えるので、整髪料でボリュームを出しましょう。

ただし、整髪料のつけすぎはベタベタしてかえって不潔に見えるので、適量を心がけてください。

▼ポイントを押さえた男性の髪型例

【【女性】インターン時の髪型で気をつけるポイント】

  1. 前髪の長さ
  2. 耳を出す

女性のポイント① 前髪の長さ

前髪の長さ一つで表情が明るくなって好印象を持たれます。

男性が額を出すと爽やかな見栄えになるように、女性も前髪の長さによって印象が大きく変わります。

ベストな長さは、眉毛と額が出る程度です。

もちろん、横分けやオールバックで顔全体を見せても構いません。

目にかかる前髪は顔全体の印象を暗くしてしまい、表情が乏しく見える原因になります。

女性のポイント② 耳を出す

耳を出すヘアスタイルは、生き生きとした表情に見えるためプラスの印象を与えます。

少しでも顔を小さく見せるために、髪で顔の輪郭を隠そうとするのはマイナスです。

前髪と同様に顔を出すことでフレッシュさが際立つため、髪をまとめて結んで耳を出しましょう。

また、動く度に髪が垂れて邪魔になる髪型は、業務を行う髪型としては不適切ですよね。

自分だけでなく周囲も気になってしまうので、効率性の面からみても耳を出すヘアスタイルがベストです。

▼ポイントを押さえた女性の髪型例

清潔感を与える髪型は、顔が出る髪型だから眉毛の手入れや前髪の長さにも気を使う必要があるね。

うん。ポイントを抑えるだけで顔全体の印象が明るくなるね。良い印象を作るって意外と簡単かも。

【男女別】インターンでNGな髪型例

インターンでは仕事に対する熱意だけでなく、「場の空気を読める」「その場に馴染む」といった適応力も試されます。

その一つが髪型と言っても過言ではありません。

性別関係なく奇抜な髪型で参加するのは、ビジネスの場に合わないためNGです。

また、清潔感を無視した髪型は社員だけでなく、社外のお客様や他のインターン生にも悪い印象を与えます。

企業や一緒に働く人へ配慮できる社会人としてのマナーが求められると考えましょう。

【【男性】インターンでNGな髪型例】

  1. 清潔感のないパーマ
  2. 目まで隠れるマッシュ
  3. 襟足が長すぎるウルフ
  4. 威圧感を与えるツーブロック

男性① 清潔感のないパーマ

無造作パーマは清潔感が損なわれる危険があるためNGです。

基本的にインターンの髪型でパーマは適切とは言えませんが、ヘアメイクアーティストやネイリストといった美容職種においてはイレギュラーな場合があります。

ただし、いくら自由といっても、遊びに行く感覚でパーマをかけてはいけません。

インターンに適さないメンズパーマの代表として、無造作ヘア風のパーマが挙げられます。

カジュアルな印象が強いためおしゃれ感が優先してしまい、インターンの目的を見失っていると思われてしまうでしょう。

また、整髪料でスタイリングが上手くできないと、寝ぐせに見える恐れがあります。

ショートヘアのトップにニュアンスパーマをかける程度であれば、清潔感を損なわずにすみますよ。

おしゃれ感ではなく清潔感を意識しましょう。

男性② 目まで隠れるマッシュ

目まで隠れるマッシュヘアは、暗い印象を与えるNGな髪型です。

マッシュヘアは全体的に長さに統一感があるため、必然的に前髪も長くなります。

スタイリングしやすくてどんな人でも似合う髪型なので、プライベートでは良い印象を与えられるでしょう。

しかし、清潔感が重要なインターンでは、前髪が顔にかかってしまう髪型は暗い印象を与えるためNGです。

前髪を横分けしても、動く度に髪が顔にかかるのでインターンには向いていません。

男性③ 襟足が長すぎるウルフ

襟足が長すぎるウルフカットは、個性が強いためインターンには不向きです。

インターンは企業の一員として働かなければいけないので、個性が強いと感じる髪型は避けなければいけません。

また、男性の場合は短髪が基本なので、襟足が長いメンズのウルフカットは清潔感が損なわれます。

だらしない髪型は、性格までだらしないと感じさせてしまうでしょう。

男性④ 威圧感を与えるツーブロック

刈り上げ過ぎたツーブロックは、威圧感を与えるためインターンにふさわしくありません。

業界・業種によるものの、ツーブロック自体は許容範囲であるケースが多いです。

営業職でも、ツーブロックは短くスッキリしているので、爽やかさを感じるという企業も少なくありません。

しかし、刈り上げすぎたツーブロックは威圧感を与えてしまいます。

もし、坊主頭の人が営業にきたらどんな印象を持ちますか?

「爽やか!」と感じるよりも「近寄りがたい」「怖い」とネガティブな感情を持ってしまいますよね。

刈り上げすぎはビジネスビジネスシーンにふさわしくありません。

もしするなら、横髪の量は減らす程度にしてナチュラルな雰囲気を意識しましょう。

【【女性】インターンでNGな髪型例】

  1. 過度なパーマ
  2. 清潔感に欠ける触覚
  3. 暗い印象を与えるボブ

女性① 過度なパーマ

過度なパーマは派手な印象が強く、ビジネスシーンに合わないためNGです。

美容業界やベンチャー企業など比較的自由な企業であれば、緩いパーマは問題ないと捉えられるケースが多いでしょう。

しかし、業界・業種関係なくTPOをわきまえるのは社会人としてのマナーですよね。

派手な印象が強いとビジネスの場で浮くため、周囲に不快感を与えかねません。

インターンにおいて清潔感を損なう女性の髪型の代表とも言えます。

女性② 清潔感に欠ける触覚

おしゃれ感を気にしすぎる髪型は、清潔感に欠ける感覚と捉えられます。

「かわいく見られたい」という願望が優先して、見た目の華やかさやおしゃれ感を気にする女性は少なくありません。

清潔感に欠ける感覚の例として、おくれ毛が挙げられます。

おくれ毛には抜け感やこなれ感を出したり、小顔効果が期待できるメリットがありますが、インターン中は動く度に邪魔になるだけですよね。

「その髪ゴムでまとめられないの?」と思われても仕方ありません。

おくれ毛の他にも、ヘアオイルをつけすぎた髪型や大ぶりなヘアアクセサリー、腰まである長すぎる髪の毛なども当てはまります。

女性③ 暗い印象を与えるボブ

重めのおかっぱボブは暗い印象を与えるためNGな髪型です。

ボブは定番として人気が高いヘアスタイルの一つですが、ボリュームによって暗い印象を与えてしまいます。

重めのおかっぱボブは個性的なため私服によっておしゃれ感や雰囲気が出ます。

そのため、ビジネスシーンでは重めのおかっぱボブの良さは出ず、反対にもっさりとした暗い印象を与えかねません。

髪の量を透いて軽さを出すだけで表情が明るく見えるので、インターンの際は軽くするのがおすすめです。

比較的自由な社風でも、業界や企業のイメージを意識しないと社会人として浮きますね。

髪型に迷ったら「社会人としてどうみられるか」っていう客観的な視点を持つべきですね。

インターンの髪型は就活のプロに確認してもらうのがおすすめ

「インターンが近いのに髪型が決まらない」「良い印象を与える髪型が知りたい」など、髪型に対して悩みがつきな人は多いはずです。

どうしても判断に迷うときは第三者の意見を聞いてみると解決します。

しかし、就活やインターンの知識がない人に相談しても路頭に迷う一方ですよね。

そこでおすすめは、就活エージェントを利用してプロに確認することです!

就活のプロは業界・業種の知識が豊富なので、その企業に特化した有効的な髪型を提案してくれます。

就活のプロの意見を聞くと、インターンに適切な髪型の答えが見つかります。

就活サイトを運営してきた中で、ぜひおすすめしたい就活エージェントの共通点は「一人ひとりに合った的確な答えを出してくれる」ということです。

豊富な企業情報や業界知識から、その人に合った答えを導いてくれます。

もちろん、インターンの髪型や印象を良くする身だしなみについてなど、細かい相談にも乗ってくれますよ!

僕はこれまで5年に渡って、就活ブログを運営してきました。

その中でほぼ全ての就活エージェントを見てきたのですが、利用する時は必ず「保有している求人が多い大手のサービス」かつ「実績と評判の良いサービス」を選ぶようにしてください!

僕がこれまで見てきた50以上の就活エージェントの中で、特におすすめは「ミーツカンパニー就活サポート」と「キャリアチケット」と「irodasSALON(イロダスサロン)」の3つです!

僕が今就活生なら、まずはこの3つ全ての初回面談を受けて、2社の担当者を厳選して支援を受けるようにします。

就活エージェントは、本当に担当者さんの質で決まるので「担当者の厳選」は必ず行うようにしてください!

(逆に親身になってくれて、選考支援の質が高い担当者さんが付いてくれると、就活において最強の無料サービスだと僕は思ってます!)

相性の良い担当者の厳選が超重要!

ミーツカンパニー就活サポート

ミーツカンパニー就活サポート」は、人材会社大手のDYMが提供する就活エージェントです。

保有求人数が多く、かつ紹介してもらえる求人の質が高いのが特徴。(担当者さんに話を聞いたのですが、紹介する求人をそもそも厳選しているようです)

またオンライン面談にも対応しているので、気軽に利用できるのも嬉しいと個人的に最もおすすめしています!

面談場所 特徴
・オンライン面談にて全国対応
・保有求人数が非常に多い
・面談満足度が非常に高い(満足度90%)
・全国最大規模の合同説明会である「ミーツカンパニー」も開催しているので合同説明会にも合わせて参加可能

キャリアチケット

キャリアチケット」は利用者からの評判が抜群に高い就活エージェントです!

大量に企業を紹介してくるのではなく、本当にその就活生に合った企業を数社しか紹介しないこだわりに僕は魅力を感じますね。

これまでキャリアチケットを利用した就活生、数十人から感想を聞いてきましたが、全員が「ヒアリングと選考対策が丁寧だった」と答えていたので信頼できるエージェントだと思いますね。

キャリアチケットは評判が抜群に良い
面談場所 特徴
・オンライン面談にて全国対応 ・その就活生に合った数社を厳選して紹介してくれる
・利用者から支援の丁寧さに関する評判が抜群に高い

irodasSALON(イロダスサロン)

irodasSALON(イロダスサロン)」も非常におすすめの就活エージェントです。

こちらはコミュニティとして参加することで、エージェントの利用だけでなく、ほぼ毎日開催されるオンラインの就活講座を無料で受けられたりと、参加価値が非常に高いんですよね。

「就活エージェントだけでなく、選考対策も同時に行いたい」という就活生は、必ず参加すべき就活サイトの1つだと僕は考えています。

面談場所 特徴
・オンライン面談にて全国対応 ・就活の対策書や就活講座まで無料で受けることができる
・年間13000人以上の就活生が利用している

ここで紹介した3つのエージェント以外にもおすすめはあります。

その他の就活エージェントに関して、僕のおすすめを「おすすめ就活エージェント23選【就活のプロが厳選】」にてランキング化しておきました!

ほぼ全てのサービスが、オンラインで初回面談を受けられるので、気になる就活エージェントはどんどん利用して、信頼できる担当者さんに付いてもらいましょう!

(初回面談を受けて微妙だと思った場合は、すぐに切ってしまうのが重要です!!)

考えすぎると、判断が正しいのかわからなくなるから心強いです!

しかも、一人ひとりに合ったアドバイスは嬉しいですね。髪型もすぐ決まりそうです!

インターンの髪型に関するよくある質問

私服インターンやオンラインインターンといった、判断に困るときの質問が多いように見受けられます。

それでは、よくある4つの質問について回答していきます!

「本当に自由でいいの?」「私服はOKだけど髪型は?」といった不安が解消できますよ。

質問① 私服でインターンに参加する場合も髪型は気にするべき?

私服参加のインターンも髪型を気にしましょう。

私服インターンは何を着て行ってもOKではありません。

たとえば、露出が多い服や明らかなオーバーサイズなどの服はだらしない印象を与えます。

髪型も同じように、過度に派手なヘアスタイルやまったく整えていないボサボサヘアは清潔感に欠けます。

また、企業によってはインターンで動き回る場合もあるので、業務の邪魔にならない髪型を意識する必要があります。

清潔感と効率性を考えて髪型を決めましょう。

質問② オンラインのインターンでも髪型は整えるべき?

オンラインインターンでも髪型を整えるべきです。

オンラインとは言え企業の社員の時間をもらっているわけなので、敬意を払う格好が基本です。

「カメラ越しだからあまり見えないでしょ」と安易な考え方をしてはいけません。

むしろ、情報量が少ないからこそ企業側は細かいところまでチェックしています。

手抜きをした不衛生な髪型をしていると「仕事を軽く見ている」「適当な性格」というネガティブイメージを持たれますよ。

隅々までチェックされている意識を持って、髪型だけでなく、眉毛やヒゲの手入れまで気を抜かず行いましょう。

質問③ インターンの髪型はESなどの写真でも整えておくべき?

ES写真の段階で髪型を整えるべきです。

ES写真とインターン時の印象に差があると違和感を与えてしまいます。

見た目の印象だけではなく、熱意や真剣さが嘘っぽく感じられることからも手を抜いてはいけません。

ES写真は第一印象を決める重要なものです。

良い第一印象を与えられれば、インターンでも円滑なコミュニケーションをとることができます。

さらにインターンで誠意が伝われば、本採用を前向きに検討してくれる可能性が期待できるでしょう。

質問④ 服装自由のインターンの場合は髪型も自由なのか?

服装自由のインターンの場合も髪型は気にするべきです。

「服装自由」や「私服OK」のインターンの場合、どんな服装でもOKではありません。

私服で参加する際の髪型は、下記5つのポイントを抑えましょう。

  • 寝ぐせを整える
  • 前髪は顔にかからない短さにする。またはスタイリングで直す
  • 強いパーマは控える
  • 整髪料で髪を整える
  • 結べる長さの髪の女性はゴムで結ぶ

プライベートとビジネスシーンにおける自由は異なります。

ビジネスシーンの自由な服装とはオフィスカジュアルを指すため、髪型もカジュアル過ぎないように気をつけましょう。

自由の意味をはき違えるところでした!社会人として見られる意識を持ちましょう。

そうですね。服装自由やオンラインのインターンこそ気が抜けませんね。

本記事の要点まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本記事ではインターンの髪型について、気をつけるポイントと男女別のNGな髪型を中心に、インターンで髪型に気をつけた方が良い理由やよくある質問を共有しました。

髪型は第一印象を決めるため、清潔感と企業に合っているかどうかが重要だとわかりましたね。

インターンの成果によっては本採用まで行くケースも珍しくないので、企業のインターンでは適当な髪型をしないで好印象を与える髪型で臨みましょう!

見た目だけでなく、内面も見えてしまうためインターン前に企業に合う髪型を見つけてくださいね!

  • インターンの髪型は、本採用だけでなく企業のイメージにも影響する場合があるので気をつける。
  • インターン時の髪型は清潔感が第一。眉毛や前髪を整えて爽やかさをアピールしよう。
  • 奇抜なデザインや不潔感のある髪型は、社会人としてふさわしくないため避けるべき。
  • 髪型に迷ったら就活のプロに確認するのがベスト。企業に合った髪型を提案してもらおう。

▼本記事と合わせて読みたい関連記事はこちら

≫【インターンの髪色まとめ】具体的なレベルやトーンを共有します!

TOPへ